フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コーデネートはこ~でね~と! | トップページ | 秋の予定は… »

2011年8月20日 (土)

オジキャッチ~ランキング2008<パート3>!

何の前ぶれもなく、ある日突然やってくる、「オジキャッチ~ランキング!」

Perfumeの楽曲の中で、オッサンのハートにズッキンドッキンきた瞬間を切り取ってランキングしてしまおうというこの企画、

回を重ねまして5回目となる今回は、2008年シングル曲<パート3>ということでグダグダ綴ってみたいと思いま~す。

なお、ランキングは全てワタクシの独断と偏見によるものでございま~す。

 

さて今回のお題は、

2008/1/16リリースの曲『Baby cruising Love / マカロニ』でございます。

くしくも、映画「モテキ」に起用され盛上り再燃の予感がする楽曲ですので、

ちょうどグッドタイミングでした。(ちなみにこの企画は過去に遡って順番に書いております。)

まずは『Baby cruising Love』、全体的な私のイメージなんですが、

 

恋愛だって、人生だって、晴れの日もそうでない日もある。

時に失敗し、後悔しながら、

見えない目標に向かって、願いを叶えるため、ただ前を向いて進んでいきたいね……。

って感じでしょうか。

 

そして『マカロニ』、

Perfume史上、不朽の名作と言われている楽曲ですが、

実は私は、アルバム『GAME』リリース当初は「???」だったのですが、

DVD『BUDOUKa…N』で、その柔らかでフワ~っとした空気感、3人の穏やかで、でも切ないような表情を見て以来、

何度も何度も聴いて、サウンドをひとつひとつ噛みしめていくうちに、

「いいわ~!」に変わっていった、いわゆるスルメソングです。

 

全体的な世界としては、

恋愛の持つ幸せ感や温もり、それは永遠ではないけれど、でもそれまでずっと一緒に…、

という恋愛のはかなさや恋愛の持つ強さが感じられます。

 

ということで、

まず最初のコーナー【歌詞部門】からランキングしていきま~す!

歌詞ランキング第4位は!

『BcL』の 「恋の運命は 愛の証明は 二人の航海と 何かが似ているかもね」

目標に到達するには、紆余曲折したり、乗り越えなければならないものがあるものだね。

 

そして、第3位は!

『マカロニ』の 「大切なのはマカロニ ぐつぐつ溶けるスープ」

中田氏自身さえ、よく意味が分からず書いた、との衝撃の告白も以前ありましたが、

私の解釈は、

恋愛の温かさがずっと続いていくためには、ちょうどいい茹で加減と温度加減が大事だよ、

ってなところでしょうか。

 

さぁ、続いて第2位は!!

『BcL』の 「何だって いつも近道を探してきた 結局大切な宝物までなくした」

いつもじゃないけど、人間誰しも妥協したり、打算的になったりすることもあるよね……。心にチクッときます。

 

それではいよいよ歌詞部門の第1位は!!!

『マカロニ』の 「最後のときが いつかくるならば それまでずっと キミを守りたい」

今じゃ、しがないオッサンになってしまったけれど、

オトコたるもの、結婚を決めたあの時の気持ちを忘れてはならんのだなぁ。(自戒を込めて)

 

さぁさ、お次のコーナーは【サウンド部門】であり~っす。

まずは、第5位から!

『BcL』のサビ 「恋の運命は 愛の照明は 二人の航海と……」 のところで聴こえる、

「パピパポ パピパポ パピパポ……」

 

続きまして、第4位は何だ!

『マカロニ』最後半のリピート部 「でも安心できるの……ママママカロニ」 

のところに流れる管楽器系の音色 「ファ~~ ア~~~」 (分かりずらいっすか?)

 

さぁ第3位です!

『BcL』の 「…怖くて しょうがないね」 の直後に放たれる、

「グワーッ、シャーン!」

この音は、ある音をイメージさせるものですが、今回は文字にすることは差し控えます…。

 

そして~、第2位は!!

『BcL』の 「何だって いつも近道を探してきた……」 のところで、

リズミカルに、弾むように奏でられるピアノ音 「ッタッターンターン、タタッターン……」

 

ではいよいよ、『BcL/マカロニ』サウンド部門、栄えある第1位はこれだっ!!!

『マカロニ』の 「それまでずっと キミを守りたい」 の後の、

「リロリロラロリロ ラロリロ……」

 

『BcL』、改めてじっくり聴いていると、基本的に私は「ピアノ音と電子音のコラボレーション」が好きなことに気付かされます。

『マカロニ』は後半にいくほどグワーッて盛り上がっていく、中田サウンドの美味しさが色濃く出た楽曲ですね。

とても気持ちよくて、今回も聴いてて何度も涙が溢れました。

 

ほじゃほじゃ、最後に本日のメインエベントであります、【振付け部門】でございま~す!

振付けの特徴としては、

『BcL』は詞=ことばを直接的に表した振付けが多いので見ていて楽しく、ミュージカルを見ているような感覚にとらわれます。

『マカロニ』は音楽がスローテンポなので、ゆったりと柔らかく、情感が込められた振付けになっているように思います。

 

それではさっそくランキング!

第5位は!

『BcL』の 「何かが似ているかもね」 のこれです!

Uvs1102240051_2Uvs110820014Uvs110820015  

ポーンと投げ上げたのは何でしょうか……。 

 

そして第4位はこれだっ!

『マカロニ』の 「これくらいのかんじで」 の、右手エル>左手エルで サイズ測り~の、のところです。

Uvs110820016Uvs110820017Uvs110820018  

 

さてさて次は第3位!!

『BcL』の 「ベイビ、クル~ジンラ~」 のこの手振りがいいですっ! 

Uvs110820004Uvs110820005Uvs110820006  

誰でも簡単にコピれますね!

 

ではでは、第2位はーーっ!!

『マカロニ』の 「そ~れま~で~ ずうっと~ キミをま~もりた~い」のこれですっ!

Uvs1103060041Uvs110820020Uvs110820021  

愛の強さ、誓いみたいな感じが伝わってきます。いいです!

 

さぁそれでは、『BcL/マカロニ』で最もオッサンお気に入りの振付けはーーーっ!!!

『BcL』のイントロと間奏で踊るこれだっ!!!

Uvs110820007 > Uvs110820008_2Uvs110820009

ゆらり揺られ~て スィーッ スィーッ とお舟を漕ぐところ。

しかも間奏のところではこの動きをしながらフォーメーションチェンジがなされます!

Uvs110820001Uvs110820002Uvs110820003  

ねっ、バックして、戻っていくうちにPerfumeの三角形が一辺分回ります。うーん、立体的。いいわぁ…。

 

ということで、

これにて「オジキャッチ~ランキング2008<パート3>!」終了でございま~す!

 

さて次回の楽曲は、シングル順で言えばあの名曲の番ですが、

そう言えば、これまでアルバム曲は飛ばしてきたのですが、そっちの方もフィーチャーしたい曲があるし、

どうしようかのう……。

« コーデネートはこ~でね~と! | トップページ | 秋の予定は… »

Perfume「オジキャッチ~ ランキング」」カテゴリの記事

コメント

おととさん
年代関係なく私のお気に入りは(BEST1のみ)
 「歌詞部門」ではいまのところ思い当たりません。ごめんなさい。
 「サウウンド部門」では、エレクトロワールドの出だし(Complete Bestの)ホワ~というところです。
 「振り付け部門」では、コンピュータシティの もうすぐ 変わるよ 世界が~ のところの目を右左に動かすところがとってもかわいくて気に入っています。

 マカロニは最近気に入ってきたところです。BcLは一瞬だけ手の動きが速いな~というイメージです。

おととさま
よくこんなにマトメましたね。
僕には、こんな思考はありませんよ。
いつも新鮮に、観させてもらってます。
ホント「べービー」久しぶりで、武道館以来のようです。(イヴェントライブでやったかも)
映画で使われるので急遽のセットリスト入り。これはもう運命としか言えません。
もう2度とお目にかかれない曲だと思っていたからです。

大阪のサマソニですが、早速ゲリラ動画がupされてますね。
http://www.youtube.com/watch?v=-AJB4g1mwBQ
大阪は野外だったんですね。東京から大阪まで行った人結構いるようです。

わたしの「べービー」で好きな振り付けは第五位のところかな。
ではまた、ガチの分析まってますよ。

x68kさん、コメントありがとうございます。

>「歌詞部門」ではいまのところ思い当たりません。

とっても分かります。

中田氏の歌詞は一見分かりずらい、というか「分からん!」と思われる場合が多いと思います。

私もそうです。

私の音楽の趣味、聴き方としては「歌詞」ってあまり重要ではなく、

メロディ、サウンド、声・ハーモニーの要素トータルで魂が震えるかどうか、なんですけど、

だから、私が今まで聴いてきたアーティストは「歌詞カード」をほとんど読まなかったんです。

でもなぜか、Perfumeの歌詞はジーッと読み込む楽しみがあるんです。

それは、中田氏の書くPerfumeの歌詞は「詩的」だからなんだと思います。(インディーズ時代の木の子氏の歌詞もそうです。)

短い言葉の裏側に潜んでいる感情、叫びを詮索していくと、楽しくなってくるんですよ!

(ちょっとウザかったですね。スミマセン。)


>シティの もうすぐ 変わるよ 世界が~ のところの目を右左に動かすところ

同感です。

Perfumeの振付けって、指の先まで、視線の先まで細か~く、きち~っと表現されていて、

感嘆しますよね。

そしてこの頃の振付けのテーマが「無機的、機械的、アンドロイドのような、」だったので

なおさらですよね。

neccoさん、コメントありがとうございます。

アホなことやっています。でも結構手間ヒマがかかるのでたまにしか書きません。coldsweats01

neccoさん、武道館にも参戦されていたんですか。これまた記事を期待してしまいますが、

そのうちぜひ…。


動画見ました。良くないことと思いつつも…。

でも実際、サマソニのチェックは甘すぎというか、ほとんどノーチェックのように見えましたけどね。

かしゆかイントロのところで、2回、フーッって深呼吸しているように見えました。

よっぽど暑かったんでしょうか。ちょっと気になってしまいました。

uncleです。

さぁ、コメントが長くなりそうな予感、、、。

BcLは、Perfumeとの出会いを作ってくれた曲なので、特別な思い入れがあるのですが、
何度聞いても歌詞の意味がよくわからない。まぁ、感覚の世界なのでいいのですが。

サウンドでは、出だしが終了した後の、「会いに行きたいよぉ」のバックの、中田さん特有の
「ブゥーン」が好きですね。

振り付けは、やはり「ベイビィ クルゥジング ラァ」のところの、手のクルージングですかね。
最初にまねした振り付けだということもありますし、 neccoyanagiさんが貼り付けてくださった
動画を見ると、ただくねくねさせているんではなく、結構複雑に動かしているんだなぁ、と
再確認させていただきました。

でもそれ以上に、おととさんと同感で、間奏部分のフォーメーションチェンジ、
私もあそこが好きですね。中田さんの定番、サビスタートで、この間奏があって、
ゆかちゃんのソロパートと続く流れは、本当によくできているなと思います。

あと、最近の曲は声のエフェクトが弱くなっている気がして、それはそれでいいのですが、
私はBcLくらいのエフェクトの効かせ方が好きですね。

「マカロニ」は、私も大好きなPerfumeの胸キュンミドルテンポシリーズの中では、
それほど上位に位置しない曲なのですが、ライブで入ってくると、やっぱいいな、と
見入ってしまいますね。

振り付けでは、珍しくスタンドマイクを使う曲なので、そんなに激しい動きはない訳ですが、
マイクを中心にした手だけの動きの部分は全部好きですね。これなら、俺にもできる、
ってのも理由ですが。

前にもヤンさんのところで書いた気がするのですが、中田さんの思想の中心には
「やわらかい」があって、「マカロニ」は正にその大好きな世界観を体現した曲だと思います。

その「柔らかさ」の象徴が、中田さんにとっては「ゆでたマカロニ」なのであって、
MIKIKO先生にとっては、ふりつけにも出てくるように、二の腕のプニュプニュした感じ
なんだと思います。なので、よくわからん部分もありますし、曲中、1回しか出てこない
「マカロニ」がタイトルになっている訳ですが、やっぱりマカロニなんだと思います。

でもいつも思うのですが、なぜ両サイドA面だったんですかね。

前に、ポリリズムの後のとっても重要なところで、もっとキャッチーな曲を持ってくる
こともできただろうに、なぜ、BcLだったのだろう、と書いたことがありますが、
それなら、普通、もう一曲はノリのいいダンスチューンにしてもいいものを。

このスローで情緒的な「マカロニ」を、しかも両サイドA面に持ってくるあたりに
中田氏の思慮遠望が感じられるとともに、やっぱりこの「やわらかい」のが、
本当に好きなんだろうな、と思ってしまうのです。

おととさん、スミマセン!掲示板的に使わせていただきます。

x68k さん、uncleと申します。
金沢市在住のおやじです。鯖江なら近いじゃないですか。
メガネフェチの私には聖地といえる場所です。

以前私が投稿していた「発言小町」というサイトに確か鯖江の方がいらしたと思うのですが、
思い違いでしょうね。

私も、全曲の中で一番好きな振り付けは、「もうすぐぅ~」のところなんです!

まだブレイクしていない時の映像をYOU TUBEで観ていると、あ~ちゃんが、本当に
うれしそうに手と首を振り振りしているんです。たとえそんなに多くないファンの前でも、
歌えることが本当にうれしいんだな、と、そんなことがきっかけです。

私はブログを立ち上げるパワーもないので、こうして、いごこちの良い場所にコメント専門で
顔を出していますので、よろしくお願いします。

長々とすんません。もう一言!

>そう言えば、これまでアルバム曲は飛ばしてきたのですが

そうですよ、「セラガ」「シクシク」「パピラブ」はやらないつもりですか!?

ていうか、じゃぁ「NIGHT FLIGHT」「I STILL LOVE U」は!?

ただ楽しんで読んでいるだけの分際で何も申し上げられないのですが、
期待しています。お時間ある時にぜひ、、、、。

uncleさん、どうもありがとうございます。

>コメントが長くなりそうな予感、、、。

どうぞどうぞ、心ゆくまで逝っちゃってください!

今日は「BcL」の日ですから、思いっきりどうぞ!

(ご存知かと思いますが、長くなる時はメモ帳に書いてからコピペすると楽ですよ。)


>結構複雑に動かしているんだなぁ

そうですね、手首の返し方とか、体のひねり方とかね!


>BcLくらいのエフェクトの効かせ方が好きですね。

えぇ、やっぱり曲やサウンドによってどっちもいけるところが中田マジックですよね。

「GAME」の頃はよりダンス色が強いので、エフェクト強めの方がありなんだと思います。


>「柔らかさ」の象徴が、中田さんにとっては「ゆでたマカロニ」なのであって

なるほど、柔らかさか……。ありですね。私はマカロニの入ったスープの温かさと想像しました。


>MIKIKO先生にとっては、ふりつけにも出てくるように、二の腕のプニュプニュした感じ

ねぇ!面白いですよね、先生も!

この人も見た感じクールビューティーですが、発想がホント面白い。そしてなんかオチャメ。

その辺が振付けにも現れていますね。


>普通、もう一曲はノリのいいダンスチューンにしてもいいものを。

そうですね、私もチラッと思っていました。メジャーデビュー以降のシングルでは、

「ミディアム+スロー」の組合せはこれだけですね。

私の妄想としては、「ポリ」の大ブレイク後なので、少し慎重になったか、

もしくは「GAME」でバキーンと行く前に、あえて「ため」の時期にしたかったのかな、と。

はたまた、意外と、何となく季節的に合う曲調、って理由だったかもしれませんね。


>「発言小町」というサイトに確か鯖江の方が…

えっ!?、だったら凄い巡り合わせですね。

どうですか~? x68kさ~ん!

おととさん uncleさん

ごめんなさい。m(_ _)m 残念ながら発言小町の件は私ではありません。このサイトの事は今、初めて知りました。(゚0゚)

そもそも、このような投稿するようになったのも、今年の2月にPerfumeの「edge」に感動して、どうしてもこの感動を伝えたくて、いてもたってもいられず(私にしては珍しく)YuoTubeに投稿して、自分のチャンネルを持ってからです。その投稿にneccoさんが返信されてきたのがきっかけで、今に至っております。
ほかにも何人か返信してこられましたが、ご縁があってneccoさんとお友達になりました。ヽ(´▽`)/

みなさんほんとに細かいところまで見てらっしゃるんですね。感心します。

最近K-POPを始めとするよく似たアイドルグループがたくさん登場してきて、何がなんだかわからなくなってきました。昔のアイドル全盛期にもよく似た感じがあったような気がします。
 でも、「やっぱりPerfumeは違う!!!!!」と強く思ってしまいます。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/41290377

この記事へのトラックバック一覧です: オジキャッチ~ランキング2008<パート3>!:

« コーデネートはこ~でね~と! | トップページ | 秋の予定は… »