フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2人のフォトグラファー対決 | トップページ | 7月の終わりに寄せて… »

2011年7月28日 (木)

もう血迷わない。

 

ここ数日、私の頭の中では「リニアモーターガール」がグルグル回っています。

何で「リニア」かっていうと、たわいのない連想なんですが、

お隣の国で起きた鉄道事故のニュースその国が世界に先駆けて営業を開始した高速鉄道と言えば上海のリニア鉄道リニアモーター、チャイナ服風の衣装、「リニアモーターガール」、ってことで……。

その「リニアモーターガール」、『コンベス』を聴き始めの頃の私は、「PSPS」と「シティ」という鬼キャッチーな曲のはざ間で、

正ーーー直、………スキップしてました!

だって、あ~ちゃんだって「あの時は血迷ってた!」って言ってるし…。

 

近未来テクノポップユニットとして、メジャーデビューした記念すべき最初の曲ですが、
テクノポップというよりはもっとハウス寄りの、抑揚の少ないメロディーの繰り返しと、
木の子氏による辛辣で難解な詩の世界、

「ポリリズム」で出会って、「DreamFighter」からハマったオッサンにしてみれば、すぐには受け入れ切れない感じだったんですよね。
 

だからスキップすることが多かったのですが、

最近、ちゃんとした音楽ソースで重低音を効かせて聴いてみれば、
バスドラムの感じは、その後の「シティ」「エレワ」と通ずるものがありノリがいい。
ファミコンチックな音が多いのは、それまでのインディーズ時代の曲との連続性を感じさせるし、

詩だって、木の子氏の世界観が何となく(自分なりにですけどね)分かってくると、
それまでの閉塞感を受け止めつつ、「近未来…」という新たな世界へ、超スピードで走りだそうとする女の子の決意を想像できたりする。

振付けだって、「高速移動なNO!」のところは、「DreamFighter」の「僕らも走り続けるんだ」の振りに通じているし、
しかも、「高速移動なNO!」の方は走りながらセンターののっちは後ろへ下がり、左右のあ~かしは前に出てくるという、これまたオッサンの大好物「立体交差」を見せてくれる。

ここだってキレがあって独特で、カッコかわいい振付け。好きですね!

Uvs110728001

 

そうこうすると、この曲もやっぱり紛れもなくPerfumeの曲であるし、ちゃんとPerfumeのラインナップを飾っている1曲なんだなぁ、って思えてくる。

 

そしていつの間にかもう、全くスキップする気なんてなくなっている。

いつでも聴きたくなるし、見たくなる。

 

Perfumeに無駄な曲なんてひとつもないなぁ、って思えてきます……。

 

………

 

~今日のひとこと~

日本でも、中央リニア新幹線開業の暁には、ぜひ「リニアモーターガール」をキャンペーンソングに!

« 2人のフォトグラファー対決 | トップページ | 7月の終わりに寄せて… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

さすがに私は飛ばしゃぁしませんが、確かにさほど思い入れのない曲といいますか、
「りにあもぉたぁがぁ~」の余韻の後の、「完璧な」への流れが好きです。

「エレワ」も「コンピューターシティ」も、しぶとくライブの定番曲として
残っているのに、デビュー曲がクローズアップされないというのも寂しい話でして。


でも、メジャーデビューの曲がこれだと、正直先を行き過ぎているといいますか、
「これはイイ!」って思う人は多分少数で、「なんじゃこりゃ」だと思うんです。

日本にリニアモーターが開通するのは何年先ですか?
その時3人はいくつですか?

いくつであっても、たとえ引退していても、MAXにように(もっと年がいってしまいますかね)、
変わらぬキレの振り付けでCMに出てほしいですね。

そして映像は、メジャーデビューの時のPVと今の3人をだぶらせるような
演出で、そんなことされたら、私も時の経過に感極まってしまうような気がします。

その時まで、関さん、お願いします!!

uncleさん、どうもありがとうございます。

>メジャーデビューの曲がこれだと、正直先を行き過ぎているといいますか…

ホントそう思いました。いくら既成概念を打ち破り他とは違うコンセプトで行こうとしたとはいえ、

ちょっと先鋭すぎたのかもしれませんね。これを直感的に「いい!」と感じられるのは恐らく、

中田ヤスタカ、capsuleを始め、テクノ、ハウス、エレクトロを聴き慣れていた人ぐらいだったのでは

ないでしょうか。

日本の大衆音楽の王道は、昔も今もやっぱり「歌謡」なんですよね。その歌謡とは全く違う概念の音楽

ですから、注目されなかったのもムリないですね。

でももしこの後、安易にヒットを狙って、ウケやすいアイドル歌謡に転向していたなら、

もうとっくに消えていたでしょうね。

 
中央リニア新幹線が開業を予定しているのは、現在のところ2027年です。Perfume38歳です! プッ!

今のMAXより少し上になります。う~ん、どうかな~?

でも今年ピンクレディー(52歳!)頑張ってますよ! 十分いけるいける!!

私らもそれを見届けるまでは……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/40985042

この記事へのトラックバック一覧です: もう血迷わない。:

« 2人のフォトグラファー対決 | トップページ | 7月の終わりに寄せて… »