フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夢の続きは… | トップページ | セーラーミックガール »

2011年6月26日 (日)

残念とは、愛おしいの裏返し

<FCに行った後でどうぞ>

 

「わたしたちPerfumeは、ハリウッドへ行ってきましたー。」とか、

「3人で初アメリカ、楽しんできたよー。」とか、

「ショッピングも楽しんできたよー。」

っていう風に、ストレートに書きたくない人だから、

機内でディズニー最新作を見て感動したのに、隣席のマネージャー氏に気付かれたくない、といって涙を必死にこらえる……

 

久しぶりに天然文才女子の更新です。

時折りフォトブログをかませてきたりしますが、

やっぱのっちはこうでなくちゃね!

フェミニンなフォトエッセイはかしゆかに任せて、

のっちは心の奥底に渦巻く言説を文字にしてぶつける方が性に合ってると思います。

 

だいたいねぇ、

いくら隣席が気心知れた、いつももさーっとしている(失礼お許しください!)マネージャー氏だからといって、

独身(?)の成年男子ですよ。

「Cars2ワールドプレミア」招待の帰りに、すっかりディズニーの夢の余韻に浸って、機内プログラムでもディズニー映画見てしまってるんだから、

感動して涙をホロリ、なんてしてしまった方が、男子目線的には「かわいい奴だなぁ!」って思うのにね。

「きもちわる、とか思われたくなくて、必死に涙を堪え…」って、

それってさ、男同士で座った時の振る舞いだよね。

 

のっちさん、

女子力アップの道のりは遠いね……。

 

残念だね…。

 

なんか私も、最大級の愛おしさと、なんか放っておけない、っていう感情を込めて、「残念だね」って言えるようになってきました。

そして、結局今回は文章がまとまらず途中で断念、と、これまた残念。

大丈夫!、のっちはどのような書き方したって面白いから!!

 

………

 

~今日のひとこと~

私、

例えば、PSPSの後半のBメロ、 「♪後もどりなんてできな~い」のところのように、

かしゆかがセンターソロで歌うときに、若干動きを小さ目して、さりげなく踊るところが好きだったりします…。

« 夢の続きは… | トップページ | セーラーミックガール »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

さすがに職場のPCでは、あ~ちゃんのブログは見られていないのですが、
のっちのブログ、秀逸すぎます。

どっから「ふむふむ」が出てくるのか、そのセンスが知りたい。

もぉ、素直じゃないんだからぁ。

片隅にのっちがいるかしゆかの写真も、なんか新鮮でいいです。
中心に映っている写真ばかり見ているから、その人を撮ったのでは
ない写真とか、群衆の内の一人の写真、そんな感じだからでしょうか。

そういえば、数日前から、HPに「English」ができましたね。

これだけのことですが、「海外進出」の4文字が現実を帯びてきた
ような気がして、なんかファンの分際なのに、背筋がシャンとしてしまいました。

uncleさん、コメントありがとうございます。

かしゆかもまた更新されましたね。 うれしいですね。

4枚目のポスター写真、アメリカっぽいですね、こういうタッチの絵。

なんか東京DLのアトラクション内に掲げてあるポスターの感じを思い出しました。

そして改めて思うのは、TOKYOってやっぱり今や世界的な都市なんだなぁ、っていうことですね。
(ディズニーのマーケティング戦略上の採用かもしれませんが…)

早く、地震、原発事故から復興して観光を取り戻さないといけませんね…。


それと、ちらっと写るのっち、爆笑してしまいました。

言われないとすぐには気づきませんね、これは!

こんだけオーラを隠すことのできるトップアーティストも珍しい……!

おそらくかしゆかも撮っている瞬間は気づいていませんね(笑)。


でもいるんですよね、自分では全然意識してないけど、人の写真にいつも写ってしまう人!!

もしくは、意識してあえて避けないで写ろうとするヤツ!!

どっちにしても、「面白くて、なんか気になるいいヤツ」なんですよね、

あぁ、ちょっと今はのっちが気になる……。


それから、アイスの写真、アイス好きを公言しているかしゆかですから、この写真は外せないのでしょう。

しかしアメリカサイズのカップ&スプーンはデカいですね。

(大食のかしゆかとは言え、)お年頃のニッポン女子の食べる量がとっても少なく見えます。

向こうの人はこれに山盛り食うんでしょうか?!


そうそう、そのHPの「English」版でも、しっかり 「Hobby : IceCream」 って書いてありましたよ。

いよいよ、動き出したって感じがしてきましたね。ワクワクドキドキが続きますね!


のっちの、ちゃんとしてるようで頼りない、だらしないようでいてきちんとしてる、そんな訳のわからん所が、残念、という一言になるんでしょうねぇ。
コメントとかでも、おっ、なんかいいこと言ってるぞ、と思うと最後にはだんだんフニャフニャになったり、ビシッと決めるぞ、と言う場面でカミカミだったり、なんか、可愛いんだなぁ。

今回のブログも、きっと色々考えて書いて書いて書き直して、結局断念!なんか、それでも味がある、と思わせるこの文才はいったいなんなのでしょう。
たぶんのっちは、自分を演出する、という感覚と言うかセンスが、あまり無いんでしょうね。だから、「ここで涙見せておけば、男はイチコロよ!」みたいなまね、死んでもできない、というか、したくない、そんな潔さみたいなものを感じるんです。なので、表に出てきているのはほとんど、無防備な自分。そんなところがあの文章の訴える力なんだろうな、という気がするのです。

たしか、uncleさんも「妻にするならのっち」みたいなことを書かれていたと思うのですが、そして、自分もそんなことを書いた覚えがあるのですが、同感です。たぶん、いっしょになって最初のうちはケンカばっかりしている様な気がする。でも、だんだん仲良くなって行く。男と女、というより、人生を共に生きる同士、戦友、みたいになれるんじゃないか、なんて思うのです。
のっちと一緒になれる幸運な男性は、一緒になってしばらくの間、我慢強く暮らして欲しいものです。そのうちきっといいことあるから。

ヤンさん、どうもありがとうございます。

>フニャフニャになったり、カミカミだったり、なんか、可愛い…。

そうなんですよ、私もなんかかわいいんですよ。

昨日の「PerfumeLocks」でも、いつものようにカミカミだったし、

『世にも奇妙な…のテーマソング』をアレンジした「アアアアア、アアアアア……」の音をホントに怖がって

イヤホン片方外しちゃったりして、思わず心の中で「カワええのぅ…」とつぶやいてしまいました。


先回の『MJ』のクイズコーナーで見事にMCをこなしきった時も「よくできたねぇ!」と拍手してしまいました。ハハ…。


なのですが、ヤンさんやuncleさんのように「妻にするなら…」と考えた時に……、

私の妄想の中ではのっち君は出てこない感じなんですよ。

それは多分、ウチの妻が、「ダメじゃない子」だからだと思います。

私と比べて、何でも要領よくテキパキとこなす人なので、私が頼ることに慣れてしまっているからかもしれません。

けれども、昭和生まれのオトコとしては、強い家長でありたい、妻子を守らねば、という潜在意識もあるので、

もしかすると、そのあたりをのっちから揺さぶられているのかもしれませんネ。

uncleです。

「妻にするなら、のっち」が波紋を広げているようで。

そんなにたくさんの情報量があるわけではないですが、
ヤンさん、おととさん、の大体のイメージが自分の中にあって、
奥様像も、お二人にぴったりの方だな、と一人納得しております。

私が「妻にするなら、のっち」というのは、
心では深く深くつながっていながらも、表面上は
ちょうどいい距離感が保てそうな感じがするからです。

あ~ちゃんの場合、いつも手をつないでいたい感みたいな
ものが重荷になる瞬間があるような気がして、

かしゆかの場合、なんの前触れもなく、突然、
「じゃぁ、バイバイ」とか言っていなくなったりしそうで。
でもまた突然帰ってきたりするのですが、、。

まぁ、要するに、たとえ妄想の中だとしても、傍目から見ると
「おまえらアホか!?」と言われるようなことを
まじめに考えている訳です。

uncleさん、どうもありがとうございます。

のっちが妻の場合、あ~ちゃんの場合、かしゆかの場合、

それぞれ 「そうそう、分かる、分かる!」 とうなづいてしまうご意見でした!

この3人はほんとに、Perfumeとして向いている方向は少しもブレがないのに、パーソナリティーの部分は

三人三様でそれを包み隠さないので、ほんと見ていて楽しいですね。

これからも、アホなことをマジメに語り合っていきましょ!

私の場合、(今のところ)ここでしかできませんし……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/40549864

この記事へのトラックバック一覧です: 残念とは、愛おしいの裏返し:

« 夢の続きは… | トップページ | セーラーミックガール »