フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オワライ魂 | トップページ | レイザァ ビィムゥ♪ »

2011年5月13日 (金)

世界を巡り巡るよ…

2011年8月某日…

サンフランシスコ郊外の、大型ショッピングモールにあるシネコンから出てきた親子…

 

娘 「『カーズ2』、面白かったね~!」

 

父 「そうだね。最後はハラハラしたね。」

 

娘 「最後もいいけど、最初のパーティーのシーンも楽しかったよ。あれ、日本だよね!」

 

父 「そうだね。日本が舞台だったね……。」

  「実は、父さん学生の頃、1回だけ日本に旅行に行ったことがあるんだ!」

 

娘 「ほんと?! 知らなかった。 どうだった?日本。」

 

父 「東京のアキハバラ、って街に行ったんだけど、ネオンが眩しくて、色々なエレクトリックサウンドが

  あふれていて、とってもアメイジングな街だったよ。」

 

娘 「へぇー、私も行ってみたいなぁ…。」

  「そういえば、さっきのシーンで流れてた曲も、なんかエレクトリックでポップな曲だったよ!」

 

父 「おぉ、お前も気づいたか!」

  「父さんも耳を澄まして聴いていたよ。 とてもポップでクールな曲だったね。 父さん、アキハバラのことを

  思い出したよ。」

 

娘 「日本のアーティストかなぁ?」

 

父 「うん、父さん気になったので、エンドロールをジーッと見ていたよ。」

 「Perfumeっていうグループみたいだね。曲は『ポリリズム』っていうそうだ。」

 

娘 「ふーん、かわいいグループ名だね。わたし日本語分からないけど、声もかわいかったよ。」

 

父 「そうだね。父さんもっとよく聴きたくなってきたよ。」

 

娘 「わたしも!」

 

父 「よし、じゃぁ、ちょっとCDショップに寄ってから帰ろうか!」

 

娘 「やったー! あっ、母さんに連絡しとかなきゃね。」

 

父 「母さんにも聴かせてあげようね。」

 

娘 「うん、母さんも気に入るといいね!」

 

………

« オワライ魂 | トップページ | レイザァ ビィムゥ♪ »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

以前ちょっと書きましたが、私は、プロフットボールNFLのマニアでもありまして、
死ぬまでにUSAで公式戦を観戦したいということが夢でした。

しかし今はもう一つ夢ができました。

USAやヨーロッパでの「Cool Japan フェスティバル」みたいなところでの
我らPerfumeのライブに参戦することです!

おそろいのTシャツに、一糸乱れぬ「上下上上」で、現地のにわかファンの
度肝を抜きたい。

uncleさん、コメントありがとうございます。


すごいなぁ、そんな壮大な夢をお持ちでしたか!

Perfumeの夢と一緒に世界へ…  なんて素敵なんでしょう!

これはファンとしても究極の願いですね。

でも、「カーズ2」世界版への採用は、マジで夢が現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか。

現在どんどん広がりを見せている、世界的なJAPANカルチャーブームを見ても分かるように、

かなり下地ができているところへの投下ですから、注目されないわけがないと思いますね。

名前が似ているPUFFYさんが先鞭をつけてくださっていますし、

来年あたり、海外公演のオファー来るでしょうか? そうなったらスゴイことです!

微笑ましい、親子のふれあい。そしてそこにさりげなく登場するPerfumeの話題。いいですねぇ。そんなシーンが、アメリカだけでなく、世界中の70以上の国で見られるんですよ。しかも、サントラCD、DVD、映像配信で、果てしなく広がって行く。こりゃすごいことです。
ラジオの番組で3人は、自分たちが頑張ったんじゃない、ポリリズムと言う曲がやってくれたんだ、と言っていましたが、そんなことないですって。監督にポリリズムを紹介してくれたPerfumeファンのスタッフさんも、音楽だけじゃない、人柄なんかも含めたPerfumeの多面的な魅力にひかれてのことです。きっとそうです。
その意味では、今回のこの快挙、我々の仲間がやってくれたこと、ということも言えるんじゃないでしょうか。Good Job!Great Job!ですよ!
ただ、この親子が購入するCD、きっとサントラ版でしょうが、できればそのあと、Perfumeのアルバムも買って欲しいなぁ。素晴らしい世界が広がること、保証付きです!彼らが普通にPerfumeのCDを買える環境が整って行くことを、願ってやみません。

ヤンさん、コメントどうもです!


音楽に国境はない、ってよく言われますが、私たちが若いころ、よく分からないまま、洋楽をどんどん吸収していったように、

Perfumeの音楽だって必ず異国の人々の心を掴むはずですよね。むしろ、アメリカ、ヨーロッパの方が元々音楽の素養が高いでしょうから、受け入れられると思いますね。

あとは、『ポリリズム』できっかけを掴んだ人々に、いかに次のステップ、Perfumeにはもっとスゴイ曲やパフォーマンスがあるんだよ、っていうことを知ってもらえるか、ですよね。

それにはやっぱり、ヤンさんがおっしゃるように、ビジネス展開のやり方を考えていく必要がありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/39967796

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を巡り巡るよ…:

« オワライ魂 | トップページ | レイザァ ビィムゥ♪ »