フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« くまたんって… | トップページ | ハートフルな関係 »

2011年3月 6日 (日)

オジキャッチ~ランキング2009!

昨日、P.T.A DVD VOL.3 が届きました。P.T.A DVD初めていただきました。

よかったよ~~。ドームの舞台裏の様子、またまた涙でした…sweat02

 

さて、今日はそっちじゃなく、こっち書きたかったのでいきます!

ある日突然やってくる、「オジキャッチ~ ランキング2009!」

今回は2009年にリリースされたシングル曲から、オッサンのハートにズキュンときた瞬間を集めてみましたーっ!

なお、ランキングは私の独断によるものでありますのであしからず。

 

え~っと、ノミネート曲はと、……

『ワンルーム・ディスコ / 23:30』…… ん?

……1枚だけなんですね。

2009年リリースはあとはアルバム『⊿』になってしまうんですね。

…そうか、怒涛の2008年の後、少し活動ペースを緩めた年だったんだ。後半は「直角二等辺三角形ツアー」もあったしね。 …納得。

 

はい、それじゃいきます!

まずは、【歌詞部門】です。

いきなり 第3位は!

『23:30』の 美しい夜のライト 23時半の ふたりは 眠らない 時間をもとめて

…… 花の独身時代を思い出しますなぁ~

 

続いて 第2位は!!

『ワンルーム・ディスコ』の シャンプーをしながら 目を閉じたまま シャワーも出せない

…… これも親元離れて1人暮らし始めたころを思い出しますなぁ~

 

そして 2009年シングル曲 歌詞部門 第1位は!!!

『ワンルーム・ディスコ』の 昼間みたい 街の明かりが 星空を みえなくする

でしたー。……これも田舎から上京したころ、都会の夜空はなんかオレンジ色っぽくて気持ち悪かったなぁ、…なんて思ってしまいました。

 

さあ続いての部門は、【サウンド部門】でございます~。

まずは 第3位は! 

『ワンルーム・ディスコ』の たぶんできるはずって 思わなきゃしょうがない の後の、

ツッ テケテン!(チョッパーベース風?)

 

そして 第2位は!! 

『ワンルーム・ディスコ』の たくさんの まぶしい光 の所の、

ゴォーン ゴォーーン♪

 … これ系の音が『ワンコ』の特徴でしょうか。

 

さて、栄えあるサウンド部門第1位は!!!

『ワンルーム・ディスコ』の ワンルーム・ディスコ ディスコ ディスコ  の後の、

キララ キララン♪

でございま~す。振付けにもピッタシな音ですね。

 

ではでは、最後の部門 【振付け部門】 に参りましょう!

まず 第3位は!

『ワンルーム・ディスコ』の なんだってすくなめ 半分の生活 の後のこれだ!

Uvs110306001

ガッシャーン!

 

続きまして、 第2位は!!

『ワンルーム・ディスコ』の イントロのこれです

Uvs110306005

あ~ちゃんコールがあって、グワーっと盛り上がっていくところ!

アドレナリンがドバーッって出るところです!

 

さあ、いよいよ 2009年シングル振付け 最高だったのは!

『ワンルーム・ディスコ』の たぶん できるはずって の所のここです!

Uvs110306002 Uvs110306003_3 Uvs110306004_2

このバランスから反転して右へ、再度左へ の流れ、いいですね~!

やってみると分かるんですが、片足で反転って、浮いてる方の足を勢い付けて振り子のようにしないと回りません。むずかしいです。

 

ということで、「オジキャッチー 2009!」でございました~。

それでは次回まで、さようなら~…。

« くまたんって… | トップページ | ハートフルな関係 »

Perfume「オジキャッチ~ ランキング」」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

いきなりきましたか。であれば、私もコメントせねばなりませぬ。
ただ「23:30」はいまだライブでの披露がなく、振り付けもないので、
全部門「ワンコ」になってしまいますが、、。

【歌詞部門】

「多分できるはずって思わなきゃしょうがない」 です。

「ワンコ」の歌詞は、私も大学で親元を離れ、学生宿舎の個室で一人、
心細さと、何とも言えぬワクワク感とが入り混じった中で、ふるさとから
ボストンバックと一緒に持って行った、やたら重いラジカセで、
ベイシティローラーズやノーランズを聴きながら掃除をしていたことを思い出し
とっても好きなのです。

その中でもこの歌詞は、人生のいろんな局面の中で、自分の心をすっきり
させてくれるので気に入っています。

【サウンド部門】

私もおととさんと同じですが、私にはこう聞こえます。

「ディスコディスコ、ワンルームディスコ」の後の
「チャララ チャ ラチャ」です。

【振り付け部門】

「今日はなんだかねぇ」のところの、スカートをフリフリ、手を右左の
ところも、キュートで捨てがたいのですが、

「シャワーをしながら」のところの、後列にいるあ~ちゃんの
手をひらひらさせ、シャワーの表現をしているところです。

その理由は、つまり、なんといいますか、いわゆる、シャワーを
浴びているところをですね、ちょっとだけ、いや、ほんのちょっとだけですよ、
想像させてくれるというか、いや、別に下世話な話ではなくてですね、
まぁ、その動きがかわいいわけですよ。

という訳で、自ら憤死しそうなので、今日はここまで。
また楽しみにお待ちしております!!

uncleさん、コメントありがとうございます。

またまた懐かしいアーティストが出てきましたね!

♪ササササタディナーアーイ  ササササタディナーアーイ  エス!エー!ティーユーアー!ディーエーワイ、 ナイッ!…… 

♪アーミンザムー  フォーダーンスィーン  ロゥメーンスィーン……

思わず歌ってしまったではないですか!!

 
でも考えてみれば、「ディスコ」って10代、20代の子たちは言わないですよね。「クラブ」ですよね。

中田氏はクラブミュージックの第一人者なわけですが(私、実はそちらの知識はほとんどありませんが…orz)

Perfumeの楽曲はあくまで「ディスコ」なんですよね。 『ワンルーム・ディスコ』もやっぱ、「ディスコサウンド」だと思うんですよね。

だからオヤジ連中がはまってしまうのは必然としか思えないんですよねぇ。

 
そして振付けですが、uncleさんはどっちかと言うと「歌詞描写系」とか「キュート系」の振りがお好きなようですね。

私もそっち系も見てて萌え~ですが、フリコピをグダグダやっているので「スピード系」とか「キレ系」に憧れますね!

uncleです。

なるほど。指摘されて初めて自覚致しました。
確かに若いPerfumeファンに力説する時も
「ここ、そう、ここの振り付けがかわいんだ!」
って言っているような気がします。

おととさんは、キメのポーズといいますか、
バシッとそろうところというか、動きの良さと
いうか、そんなところなんですかね。

何かいろいろ新たな発見があって楽しいです。

また突然の不定期企画楽しみにしております!!

uncleさん、コメントありがとうございます。

>若いPerfumeファンに力説する時も

え~っ!身近にPerfume談義のできる若い方がいらっしゃるんですか!?
それはうらやましすぎる環境ですね。


>キメのポーズといいますか、バシッとそろうところというか、動きの良さというか、そんなところなんですかね

はい、当たりでございます!!! そういう部分は「アスリート」のようにも思えてくるのであります。

 
次回は2008年の予定です。2008年は凄い楽曲があります。今から頭の中ではいろんな瞬間が渦巻いていますが、まとめるのが大変そうです(半泣)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/39128067

この記事へのトラックバック一覧です: オジキャッチ~ランキング2009!:

« くまたんって… | トップページ | ハートフルな関係 »