フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本当にフェスに行けるのか? | トップページ | 私の中の『チョコレイト・ディスコ』(後編) »

2011年2月13日 (日)

私の中の『チョコレイト・ディスコ』(前編)

Perfumeの楽曲って、最初にCDで聴いた時の印象とダンスとあわせて見た時の印象、さらにライブを体感した後の印象とでガラッと変わっていく、という声をよく聞きますよね。
 

私の中で『チョコレイト・ディスコ』という楽曲はまさにそれなのです。
 

私がPerfumeにはまったのは『Dream Fighter』からなので、いわゆる「新参」なのですが、Perfumeの存在自体を知ったのは多くの方と同様2007年の『ポリリズム』です。
 

私が10代~20代前半の多感な時代、まず「アイドルブーム」があり、(当時はあの小泉今日子が当田舎街にもコンサートに来るほど世はアイドル全盛だったように記憶してます。) 

その後YMOに代表される「テクノ」の隆盛、(中学の音楽室に昼休み忍び込み、友達と『ライディーン』かけていましたね。)

さらに「洋楽ブーム」(MTV、ザ・ベストヒットUSAなんて、当時普及し始めたVHSで録画しまくりました!)、「バンドブーム」などをリアルタイムで体感してきた世代なので、『ポリリズム』についてはそのサウンドに何の違和感なく、第一印象で「おっ、いいね!」とすんなり受入れていました。

ただ、Perfumeの存在感を決定づける振付けについては、その当時は、例のテレビCMでチラッと見るだけでしたので「ちょっと変わっているね。」程度の認識でした。

 

『ポリ』に好印象を持っていたので、2008年4月にリリースされた『GAME』も発売時に聴いていました。(当時はレンタルで済ませていて、熱狂するようになってから後追いでCD購入しました。)

ですから、当然『チョコレイト・ディスコ』もその時点で聴いていたのですが、正直特にいい印象ではなかったのです。Perfume自体を既成のアイドルの枠組みでしか捉えていなかったので、CD音源だけを聴いた印象としては、「単なる季節もの、企画もの」で片付けてしまっていたのです。

ちょうど仕事、子育てに特に忙しかった時期だったので、かつて木村カエラさんがラジオでヘビロテし、Perfume史上非常にエポックメイキングな楽曲だった、なんてことこれっぽっちも知らなかったんです…。

 

時を経て、2008年11月にリリースされた『Dream Fighter』を聴き、メッセージ性やドラマティック性の強い楽曲に目がない私は、まずその奮い立たされるような歌詞の世界と、疾走感あふれるサウンドに強く魅かれました。

そして『DF』をヘビロテしているうちに「これどんな振付けなんだろう?」と興味を持ち始め、そうこうしているうちにDVD『BUDOUKAaaaaaaaaaaN!!!!!』発売のアナウンスが…。自分でもよく分からないまま、何かに惹き付けられるように、初回盤をネットショップで予約していました…。

 

数ヵ月後、第1目的として『DF』の振付け見たさに買った『BUDOUKAN』で、ついに私はまさにこのライブ冒頭のシーンのとおり、すばらしきPerfume worldへの扉を開けてしまったのです。

オープニングから全編を通しての圧倒的なダンスパフォーマンス、MCに見る3人の人柄、Disc2に収録されたブレイク直前から武道館までの道のりに最大衝撃波をくらった私は、この『BUDOUKAN』で『チョコディス』の印象もまた大きく改めることとなるのです。

 

少々長くなりそうです。 

明朝も冷え込んで路面凍結しそうな雰囲気ですので、今日は早めに切り上げることにして、続きは次回にいたします……。

« 本当にフェスに行けるのか? | トップページ | 私の中の『チョコレイト・ディスコ』(後編) »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

いよいよ、おととさんのPerfumeファンへの道程が明らかになるようで、
後編も楽しみにしています。

「MJ」の「チョコレイトディスコ」も良かったですね。
私は、手をくるくるさせてチョコをこねこねしながら、ペロッと味見するところが好きです。

Perfumeの振り付けに関してはみなさんもそうだと思いますが、言いたいことはいっぱいだと
思います。

その同調性もそうですし、女の子らしいかわいらしさもそうですし、
そしてなにより、ダンスではなく、歌詞を踊りで表現するという、あくまで振り付けで
ある点などがその魅力なのではないかと思います。

一度でいいから、ライブにMIKIKO先生が飛び入り出演して、4人で一曲やってほしい!!
カエラ∞Perfumeができたんだから、多分できるはずって思わなきゃしょうがない。

uncleさん、前編からコメいただきまして感謝感激ポリ荒らしでございます!

なんですがぁ……、

どうしましょう! 後編できあがったので、これからUPしたいんですけど……

>私は、手をくるくるさせてチョコをこねこねしながら、ペロッと味見するところが好きです。

この意見、また私とおんなじでした!!!!!。

ヤバいくらいuncleさんと意見が合っちゃいますね。でも結構おんなじく思っている方、たくさんいるんでしょうね。


ですが、私ひとりの意見として書くのも申し訳ないので、本編にuncleさんにも登場していただくことにしたいので、ご了解いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/38852961

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中の『チョコレイト・ディスコ』(前編):

« 本当にフェスに行けるのか? | トップページ | 私の中の『チョコレイト・ディスコ』(後編) »